介護福祉士など介護と福祉の資格

手話通訳士の仕事の資格について

手話通訳士は、聴覚障害者が自分の意思を
相手に伝えるための手段として用いる「手話」を、
健常者へ伝えるという仕事をします。

 

つまり、手話通訳士は、聴覚障害者と健常者の双方の意見を知りうる者として、
両者のコミュニケーションを助けます。

 

そして、聴覚士が、安心して生活を営むことができること、
積極的に社会参加をしていくための架け橋として活躍します。

 

このような重要な役割を担う手話通訳士は、
公正な態度、高い理解力、高い技能を必要とします。

 

また、手話は、聴覚障害者の年齢、住んでいる地域によって動作が異なります。

 

そのため、臨機応変な対応ができる幅広い知識と理解力、
そして柔軟さが求められますし、
瞬時に判断して通訳する必要があるため、
集中力と体力も必要です。

 

以前は、手話通訳はボランティアに頼っていました。

 

しかし現在は、その専門知識と技能を保証するため、
厚生労働省によって「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」が実施されています。

手話通訳士の職場

最近は、窓口業務を担当する手話通訳士を募集する際、
手話通訳士の資格を持っていることを条件とする行政機関が増えています。

 

また、手話通訳者を派遣している事務所が地域にあり、
裁判など、公の場面で手話通訳をする人を派遣する際も、
手話通訳士有資格者とするところも増えています。

 

そして、この手話通訳士有資格者は、
高度な手話通訳ができる人であることを証明するものとなっています。

 

しかし、まだボランティアが視覚障害者を支えているという現状があり、
仕事として身分が保証される場面は少ないです。

 

手話通訳士は、まだ職業として完全に確率していないという現状があり、
全国的にみても、非常勤で働いている人が多く、
労働条件の良い環境とはいいがたいところで業務をしている人が多いです。

 

行政機関で働く手話通訳士も多くいますし、
福祉施設のような施設で働く手話通訳士もいます。

 

また、地域の手話通訳者の派遣事務所などで働く手話通訳士もいます。

 

手話通訳士が活躍している福祉施設には、
障害者更生施設、視覚障害者情報提供施設などがあります。

 

地域の手話通訳者の派遣事務所や行政機関からの派遣要請に従った時給労働、
単発で仕事を受け取る場合は、
2000円くらいの時給が設定されているところが多いようです。

手話通訳士の将来性

手話通訳士は、非常勤で働いている人が多く、
多くは、労働条件の良いところで、業務を行っていないという現状があります。

 

しかし、自治体や福祉施設、企業の窓口、会議、講演会、
選挙の際の政見放送、裁判など、
色々な領域で手話通訳のニーズが高まっていますから、
活躍の場も広がりつつあります。

 

キャリアを積んで、施設の常任スタッフ、
手話サークルの講師など、安定した収入の道を開くこともできます。

手話通訳士になるためには

手話通訳は、資格がなくても業務をすることはできますが、
厚生労働大臣の認定する公的資格
「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」を取得することで、
より高度な手話通訳ができる人と見てもらうことができます。

 

行政でも、手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)資格を
持っているということを前提に、
採用が行われるところが増えてきましたから、
手話通訳をするのであれば是非取得しておきたい資格です。

 

手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の資格を取得するためには、
年1回行われている手話通訳士試験に合格する事が必要です。

 

試験は、聴覚障害者情報センターが実施しています。

手話通訳士の受験資格

手話通訳士の受験資格は、20歳以上の者、
そして、目安として手話通訳経験が、最低でも3年ほどは必要だといわれています。

手話通訳士の試験内容

手話通訳士の試験内容は、一次試験で学科、二次試験で実技となっています。

 

・一次試験(学科試験)

 

障害者福祉の基礎知識、聴覚障害者に関する基礎知識、
手話通訳のあり方、国語。

 

合格基準は、以下のようになっています。

 

 (1) 全ての科目に得点があり、
    且つ4科目の総合得点の60%を基準として、
    必要に応じて問題の難易度で補正した点数以上の得点を得た者。

 

 (2) (1)を満たした者のうち、国語の科目において、
    60%以上の得点を得た者。

 

・二次試験(実技)

 

聞き取り通訳試験(2問)、読み取り通訳試験(2問)、

手話通訳士の試験データ(2010年)

申込み期間: 5月上旬から6月下旬

 

試験日: 一次試験:学科試験は、10月上旬
     二次試験:実技試験は、10月上旬

 

試験地: 東京、大阪、熊本

 

合格発表: 1月下旬

 

受験料: 18000円

 

 

社会福祉法人聴覚障害者情報文化センター公益支援部門

 

〒153-0053 東京都目黒区五本木1−8−3

 

TEL 03-6833-5003

 

URL http://www.jyoubun-center.or.jp/

スポンサード リンク