介護福祉士など介護と福祉の資格

言語聴覚士の資格について

言語聴覚士は、かつては「言語療法士」と呼ばれていました。

 

そして、「臨床言語士」、「医療言語聴覚士」というような名称で、
いくつかの団体が資格認定していましたが、
1997年12月、言語聴覚士法が制定され、
それに伴い国家資格となっています。

言語聴覚士とは

言語聴覚士とは、「言語聴覚士の名称を用いて、音声機能、
言語機能または聴覚に障害のある者についてその機能の維持向上を図るため、
言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、
指導その他の援助を行うことを業とする者」となっています。

言語聴覚士の仕事

言語聴覚士の主な仕事は、
何らかの原因で言語障害や聴覚、失語症、言葉の発達の遅れなど、
言語・聴覚の障害を持つ人に対して、
機能回復や発達促進を図るための専門的な訓練・検査・指導・助言を行います。

 

言語聴覚士は、まず、機能障害から生じるコミュニケーション障害の程度を評価し、
適切なリハビリテーションプログラムを作成することから始めます。

 

専門的な知識や技術はもちろん必要としますが、
それだけでなく、緻密な観察力や、
思うように気持ちを表現できない人の気持を受けとめることができる
豊かな想像力、人間性、その思いを引き出す力が求められます。

 

さらに、問題を解決するためには長い時間が費やされます。

 

ですから、根気強さ、粘り強さ、柔軟性、周囲との協調性も必要ですし、
言語によるコミュニケーションに障害を持った人を対象にしますから、
どのような状況に合ったとしても、気持に余裕が持てる
精神力の強い人が、言語聴覚士に向いています。

言語聴覚士の職場

言語聴覚士の職場には、病院などの医療機関の
リハビリテーション科・耳鼻咽喉科や、
難聴幼児通園施設や聴覚・言語障害者更生施設、
重症心身障害児施設などの福祉施設、
保健所、リハビリテーションセンター、介護老人保険施設、
訪問看護ステーション、児童福祉施設、
小中学校の言葉の教室(難聴学級)などの教育機関、
補聴器メーカーなどの一般企業などがあります。

 

言語聴覚士は、常勤で採用されることが多いです。

 

 

言語聴覚士の初任給は、月額18万円〜22万円ほどで、
非常勤の場合は、平均すると、時給1500円くらいになっています。

 

医療機関に勤務した場合は、診療日や診療時間に勤務するので、
残業があっても、比較的規則正しく勤務することが可能です。

言語聴覚士の将来性

言語聴覚士は、国家試験になり、医療分野を中心とした活躍の場は増えています。

 

しかし、理学療法士や作業療法士と比べると、
まだ職場が少ない現状があります。

 

しかし、高齢者の口の中をマッサージし、
誤嚥防止に努めるなどの、
今までとは違う仕事のあり方も登場するなど、
今後、仕事の幅は広がっていきそうです。

言語聴覚士になるためには

言語聴覚士になるためには、高校を卒業後、
大学・短大・養成所などで言語聴覚士として必要な知識と技能を修得し、
国家試験を受験して、合格する事が必要です。

言語聴覚士の受験資格

言語聴覚士の受験資格は、以下のようになっています。

 

(1) 高校卒業後、言語聴覚士養成学校または養成施設において、
   3年以上言語聴覚療法の知識や技術を修得する。

 

(2) 大学などで2年以上、高等専門学校では5年以上修業し、
   指定科目を履修し、指定養成施設で1年以上、
   言語聴覚士として必要な知識や技術を修得する。

 

(3) 大学などで1年以上、高等専門学校では4年以上修業し、
   指定科目を履修し、指定養成施設で2年以上、
   言語聴覚士として必要な知識や技術を修得する。

 

(4) 短期大学を除く大学などで、言語聴覚士になるための
   指定科目を履修し卒業する。

 

(5) 短期大学を除く大学などを卒業し、指定養成施設で2年以上
   言語聴覚士として必要な知識や技術を修得する。

 

(6) 海外で言語聴覚士法の学校を卒業した、もしくは免許を取得した人は、
   厚生労働大臣から日本の養成学校で学んだものと同等の技術があるとの
   認定を受ける。

 

(7) 言語聴覚士法が施行された時点で、既に指定養成施設を卒業している、
   もしくは、在学中でその後卒業した者。

言語聴覚士の試験データ(2010年)

申込み期間: 例年11月中旬〜12月中旬

 

試験日: 例年2月中旬

 

試験地: 北海道、東京、愛知、大阪、広島、福岡の全国6箇所

 

合格発表日: 例年3月下旬

 

受付手続: 財団法人医療研修推進財団に必要書類を提出する。

 

必要書類: 受験願書・写真1枚・返信用封筒・受験資格を証明する書類
     (修業証明書もしくは修業見込み証明書等、受験資格によって異なる)

 

受験手数料: 35700円

 

 

財団法人医療研修推進財団

 

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1−22−14 ミツヤ虎ノ門ビル4F

 

TEL 03-3501-6515

 

URL http://www.pmet.or.jp/

スポンサード リンク