介護福祉士など介護と福祉の資格

作業療法士の資格について

作業療法士は、怪我や病気などが元で、
身体や精神に障害がある人、発達障害のある児童、
機能が低下した高齢者などに対して、
絵画や手工業、陶芸、ゲーム、音楽演奏、
レクリエーションなど日常生活の活動の応用的な治療・訓練等を行い、
それによって、機能の回復や機能低下の予防を図るります。

 

そして、作業療法士は、食事や洗面などの日常生活動作訓練だけでなく、
職業に向けての作業訓練や幅広い援助を行うので、
リハビリの専門医など、他の職業の人との連携も必要です。

 

また、作業療法士は、心や身体に障害を負った人を対象としますから、
繊細な気配りができなければなりません。

 

その人にとっても最も適切なリハビリは何かを、
患者さんの動きから見抜くなどの、
鋭い観察力も必用です。

 

さらに、身体が不自由な人も多いので、
介護的要素も必要で、作業療法士自身の体力も必要です。

作業療法士と理学療法士の違い

作業療法士も、理学療法士と同じように、医師の指導のもとに、
身体や精神に障害のある人に対し、
機能回復を図ることを目的として作業療法を行います。

 

理学療法士は、基本的動作や運動能力の回復を目的としていますが、
作業療法士は、主に障害者の応用的動作能力や、
社会的適応能力の回復を図ることを目的にしています。

作業療法士の職場

病院内のリハビリテーションセンター、
リハビリの専門施設等の医療機関、養護学校などの教育機関、
介護老人福祉施設、介護老人保険施設、各種の身体障害者施設、
障害児施設など幅広いニーズがあり、作業療法士の活動の場は様々です。

 

作業療法士の雇用形態は、常勤・非常勤・パートなど様々です。

 

作業療法士の初任給は、国立病院の場合、大卒で20万円くらいで、
3年制短大卒は18万円くらいです。

作業療法士の将来性

作業療法士の将来性については、
就職率も100%近いですし、安定した職業だといえるでしょう。

 

ただし、求人先は、病院、介護施設など多岐にわたりますから、
将来、自分がどの分野を専門にするかなどを考えながら、
プロの作業療法士としてよい経験を積める様に現場を選びたいものです。

作業療法士になるためには

作業療法士は、国家資格です。

 

高校卒業後、文部科学大臣指定の学校、
厚生労働大臣指定の作業療法士養成校で、
3年以上専門知識や技能を修得し、
年に一回行われる作業療法士試験に合格すること、
作業療法士の資格が得られます。

 

養成校には、4年制の大学や、3年生の短期大学、専門学校があります。

作業療法士の受験資格

作業療法士試験の受験資格は、以下の通りです。

 

(1) 作業療法士養成学校または、養成施設で3年以上修学し、
   必要な知識や技術を修得していること。

 

(2) 理学療法士の資格を持っている場合は、
   文部科学大臣指定校、または構成労働大臣指定の養成学校で、
   2年以上の作業療法士の知識や技術を修得していること。

 

(3) 外国の作業療法に関する学校、もしくは養成施設を卒業するか、
   外国で作業療法士の免許に相当する免許を受けた者で、
   厚生労働大臣が(2)にあげる者と同等以上の知識、
   及び技能を有すると認定したもの。

作業療法士の試験内容

作業療法士の試験には、筆記試験、実地問題があります。

 

(1) 筆記試験

 

・一般問題

 

筆記試験の一般問題では、解剖学・生理学・運動学・病理学概論・
臨床心理学・リハビリテーション概論を含むリハビリテーション医学・
人間発達学を含む臨床医学大要及び作業療法などが問われます。

 

(2) 実地問題

 

実地問題では、運動学・臨床心理学・リハビリテーション医学・
人間発達学を含む臨床医学大要、作業療法が問われます。

 

また、点字試験受験者に対しては、
実地問題に代えて、運動学・臨床心理学・リハビリテーション医学・
人間発達学を含む臨床医学大要、
作業療法についての口述試験、実技試験が行われます。

作業療法士の試験データ(2010年)

申込期間: 12月中旬から1月中旬

 

試験日: 筆記試験は、2月下旬
     口述・実技試験は3月上旬

 

試験地: 筆記試験は、北海道・宮城・東京・愛知・大阪・香川・
    福岡・沖縄の全国8箇所
     口述・実技試験は東京(点字受験者のみ)

 

合格発表: 3月下旬

 

受験手続: 試験地を管轄する地方厚生局または地方厚生支局に
     必要書類を提出すること。

 

必要事項: 受験願書・写真1枚・返信用封筒・
     受験資格を証明する書類(修業証明書もしくは修行見込証明書など)

 

受験手数料: 10100円

 

厚生労働省医政局医事課試験免許室

 

〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関1−2−2

 

TEL 03-5253-1111

スポンサード リンク