介護福祉士など介護と福祉の資格

サービス介助士の資格について

サービス介助士は、高齢者や体の不自由な人に配慮し、
相手をもてなすと共に、
介護技術を身につけるための民間資格としての位置づけになっています。

 

家事や外出時など、日常の場面で役立つ資格で、
ボランティア活動に役立てたり、
一般企業や学校、公的機関などで活躍する人もいます。

 

サービス介助士は、たとえば入浴や排泄・食事の介助までは必要としないけれど、
足腰が弱って買い物などでは手助けが必要というような、
比較的元気な人の社会生活の介助を目的に活躍しています。

サービス介助士の職場

サービス介助士は、デイサービスセンターなどの介護施設などではなく、
デパートや遊戯場、宿泊施設、企業の中で、
高齢者や障害者に対応し、働いています。

 

 

サービス介助士は、企業の職員として働いている事が多いのですが、
一般的に施設や企業の正社員が、スキルアップのひとつとして取得している資格です。

 

 

企業に所属するサービス介助士は、勤務先の給与に基づいた給料が支給されます。

 

専門職としてパート勤務した場合の時給は、1000〜1200円ほどです。

サービス介助士の将来性

高齢者や体の不自由な人が、生きがいを持つことができるよう、
そして、いきいきとした生活を送ることができるように、
サービス介助士は活躍します。

 

たとえば、好きなときに、好きな場所に行くお手伝いをしたりするなどです。

 

まだ新しい資格ですが、企業や施設、団体などが、
「安心して外出できる環境づくり」のために、
サービス介助士の活躍に期待しています。

 

また、バリアフリー法が施行されてから、
社員教育や自己啓発の一環として、
サービス介助士検定制度を取り入れる企業も増えています。

 

特に、高齢者や車いすのお客様への接客に力を入れている
サービス業界(デパート、宿泊施設、遊戯場など)では、
サービス介助士の精神姿勢や介助技術を、接客技術の必須要件として
取り入れ、重要視している傾向があります。

 

今後はますます高齢化社会が進むことから、
需要も増えていくと考えられます。

サービス介助士になるためには

サービス介助士になるためには、まず、取得のための講座を受講します。

 

講座の受講料は、39900円です。

 

サービス介助士2級の講座では、自宅に送られてきたテキストを読み、
提出課題を解いて、それを郵送します。

 

60点以上の合格点を貰うと、2日間の入浴や排泄、食事の介助、
高齢者擬似体験などの実技講習があります。

 

実技講習の最後に検定試験があり、
合格すれば資格を取得することができます。

 

準2級は、通信講座と在宅試験方式で資格を取得します。

サービス介助士2級資格講座の内容

サービス介助士2級資格講座の内容は、以下のような内容になっています。

 

(1) サービス介助の基本理念

 

(2) 高齢者社会の理解

 

(3) 高齢の方への理解

 

(4) 障害のある方への理解

 

(5) バリアフリーサービスの基礎知識

 

(6) ホスピタリティーマインドと接客技術

 

(7) 具体的介助技術

 

(8) 地域社会への貢献

 

(9) 超高齢社会を迎えた法規等の凡例

サービス介助士の試験データ(2010年)

申込み期間: 希望する開講月の前月15日まで

 

試験時期: 随時

 

試験会場: 東京、大阪、名古屋、高松、札幌、福岡

 

合格発表: 検定後2〜3週間後

 

受験資格: 制限なし

 

 

NPO法人日本ケアフィットサービス協会事務局

 

〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町5番地

 

TEL 0120-0610-64

スポンサード リンク