介護福祉士など介護と福祉の資格

特別支援学校教諭の資格について

2007年4月から、それまで心身障害児のために設置されていた盲学校や聾学校、
養護学校が、学校教育法の改正に伴い「特別支援学校」として一本化されました。

 

特別支援学校の教員は、通常の学校と同じ教育を行いながら、
障害を克服するための自立活動を支援し、
社会的に自立することができるように指導します。

 

また、特別支援学校は、特別支援学校内の児童や生徒に対する教育や支援だけでなく、
地域の小中学校に対しても支援する特別支援教育のセンター的機能も担います。

特別支援学校教諭の仕事

特別支援学校教諭は、
盲・聾・知的障害・肢体障害・病弱の5種の障害を持つ児童・生徒に対し、
障害を克服するための自立活動を支援したり、
社会的に自立することができるように指導するなどします。

 

そして、子どもの障害のレベルに合わせて、学習や自立支援などの計画を立てます。

特別支援学校教諭の職場

特別支援学校は、全国で、公立・私立をあわせると1000校以上あります。

 

また、小中学校などにある特殊学校で働く人もいます。

 

 

特別支援学校教諭は、国公立の学校で勤務する場合、
私立の学校で勤務する場合などがあります。

 

 

国公立の学校に就職した場合は、
公務員となるので、公務員の給料表に基づいて給料が支給されます。

 

私立の学校に就職した場合は、
各学校の規定により、差があります。

特別支援学校教諭の将来性

特別支援学校は、障害がある児童の重度化や重複化が問題になります。

 

また、障害の種類も、大きく分けると
盲・聾・知的障害・肢体障害・病弱の5種ですが、
他にもLD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)など、
様々な障害が表面化しています。

 

そのため、障害の種類に応じた専門性も求められ、
障害の種類を越えた学習の必要性もあります。

 

さらに、普通学級に在籍する児童や生徒の中にも、
LD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)などの障害を持つ子どももいます。

 

このような背景があり、特殊教育免許を持つ教員は、
今後も求められるケースが増えてくると思われます。

特別支援学校教諭になるためには

障害を持った子どもは、健常の子どもと比べると、
物事の習得やコミュニケーションに時間がかかることが多いので、
特別支援学校教諭には、根気強さや包容力が求められます。

 

また、障害のレベルや種類など、子どもそれぞれの個性に合わせて、
教材や教え方を工夫することが必要なので、柔軟な頭も必要でしょう。

 

さて、特別支援学校教諭になるためには、
「特殊教育免許」が必要です。

 

特殊教育免許は、文部科学省認定の国家資格で、
免許状には、「一種免許状」、「専修免許状」、「二種免許状」の
3種類があります。

 

これらの免許は、一般の教員免許と同じように、
教育課程のある大学で、所定の教育を受けることにより、
単位を修得すると、得ることができます。

 

さらに、幼稚部、小学部、中学部、高等部の担任をする場合は、
原則として、それぞれの教員免許状を持っていることが必要です。

 

そして、いずれの免許も、取得後、教員採用試験に合格しなければ、
教員として就職することができません。

一種免許状

一種免許状は、特別支援教育を担当する教員の標準的な免許状のことです。

 

全ての障害種別に共通する基礎的知識指導方法
複数の障害のある障害児童や生徒の心理、
生理、病理、教育課程や指導法の基礎を習得します。

 

その上で、視覚障害・聴覚障害などの一種類の障害から一つの障害を選択し、
その他の障害(言語障害や情緒障害、
LD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害))などについても、
一定の専門的な知識や指導方法を習得します。

専修免許状

専修免許状は、特定の障害に対して、深い専門的知識を習得し、
指導方法についても習得します。

 

さらに、重度・重複化への対応や、
地域の小・中学校における特別支援教育を視野にいれ、
特別支援学校のセンター的機能を総合的にコーディネートできるだけの
必要な知識や技能を習得します。

二種免許状

二種免許状は、基本は一種免許状取得ですが、
特別支援教育についての更なる専門性のある教員を多く確保するため、
経過的措置として設けられました。

 

まずは、一種免許状の取得を目指すことが必要で、
その上で、全ての障害種別に共通する最小限必要な基礎的で、
基本的な知識や各種障害に対応した指導方法を習得します。

スポンサード リンク