介護福祉士など介護と福祉の資格

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、
「介護をトータルにコーディネイトする専門家」という役割を担います。

 

介護を必要とする人や、その家族からの相談に応じ、
介護を必要とする本人の希望や、心身の状況に応じて、
その人にとって、最も良い介護とは、どのようなものかを考え、
公平に、そして中立的な立場で、ケアプランを作成していきます。

 

ケアマネージャーが作成するケアプランとは、
ニーズに基づき、援助の方針と目標を立てたものに対し、
サービス内容や種類、回数、提供事業者などを決めたものです。

 

ケアマネージャーの腕に、一人ひとりに合った介護サービスが
提供できるかどうかということがかかっています。

 

ですから、ケアマネージャーはとても責任が重いです。

 

しかし、やりがいの大きな仕事であるといえます。

 

ケアマネージャーになるためには、思いやりの気持はもちろんのこと、
介護を必要とする本人、または家族の
プライバシーに関わる相談を受けることもありますから、
高い倫理観が求められます。

 

また、医療、保健、福祉など幅広い知識が必要で、
信頼感や責任感、公平性、中立性などが求められます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事

ケアマネージャーの大きな仕事は、大きく分けると5つあります。

 

(1) 訪問調査

 

訪問調査では、介護を受けている本人やその家族からの
相談を受けたり、助言を行ったりします。

 

本来、訪問調査は、市町村の職員が行います。

 

しかし、委託があった場合は、ケアマネージャーが行います。

 

(2) 課題分析とケアプラン原案の作成

 

介護サービスを利用する人と面談をして、
課題はどこにあるかを明らかにし、
ケアプランの原案を作製します。

 

(3) ケアプランの作成

 

必要なサービスを組み合わせて、
具体的なサービスの実施時間、内容、回数の計画を立てます。

 

そして、利用者にサービス内容を説明し、
ケアプランの同意を得ます。

 

(4) サービス調整とモニタリング

 

ケアプランに基づいたサービスが、確実に実施されるよう、
サービス業者との連絡調整を行い、状況を把握します。

 

(5) 給付管理

 

毎月、その月ごとに実際にかかった費用や、利用者の負担分を計算し、
管理表を作成します。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の職場

ケアマネージャーの職場は、
地域包括支援センター(自宅で高齢者を介護する人たちを支援する)、
介護老人福祉施設(施設で介護する)、
介護老人保険施設、介護療養型医療施設、
有料老人ホーム、地方自治体、老人デイサービスセンター、病院などがあります。

 

ケアマネージャーの雇用形態は、正規職員、契約職員、
パート等様々です。

 

在宅介護支援センターや介護保険施設の多くは、
9時〜17時、或いは18時の日勤です。

 

その他の高齢者施設でも、日勤が一般的ですが、
訪問調査を行うため外出が多く、
利用者の都合によっては、休日に出勤する場合もあります。

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)の初任給は、
月給で25〜30万円くらいと、比較的高いです。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の将来性

高齢化が進む昨今、政府によって、居宅介護支援サービスの
拡充を図ろうという働きがあり、
居宅介護支援事業者は、サービス利用者50人に対し1人の割合で、
ケアマネージャーを置くことを介護保険制度で義務付けています。

 

このように、ニーズは高まっていますが、
実際に現場で働いているケアマネージャーは不足しています。

 

ですから、求人は多く、今後もこの傾向はしばらく続くでしょう。

 

つまり、ケアマネージャー(介護支援専門員)は、
将来性という点では有望な資格であるといえます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)になるためには

ケアマネージャーになるためには、
各都道府県が、年に一回実施している
「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必要です。

 

受験申し込みの締め切りは、例年7月から8月になっていますが、
詳細は都道府県によって異なるので、
各都道府県の受講試験担当に確認してください。

 

「介護支援専門員実務研修受講試験」を受けるための受験資格は、
原則として、医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・
准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・
視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・
あんまマッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・
栄養士・管理栄養士・精神保健福祉士のいずれかの資格を持っている人が、
医療・介護・福祉・保健の分野で
5年以上の実務経験があることとなっています。

 

また、相談援助業務に従事し、社会福祉主事任用資格、
ホームヘルパー2級相当の研修を修了した人も、
同じように医療・介護・福祉・保健の分野で
5年以上の実務経験があれば受験することができます。

 

「介護支援専門員実務研修受講試験」U合格したら、
各都道府県で実施される介護支援専門員実務研修を受けて、
研修修了証を発行してもらうと、
晴れてケアマネージャー(介護支援専門員)になることができます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験データ(2010年)

試験日: 10月下旬

 

試験地: 都道府県指定の場所

 

受験申込書配布: 6月上旬〜7月中旬

 

申し込み期間: 6月中旬〜7月中旬

 

受験手数料: 9500円

 

受験資格: 医療・福祉関連の資格及び業務内容で
     5年以上の実務経験を満たす(資格や職種によって異なる)

 

財団法人東京都福祉保健財団 ケアマネ試験担当

 

〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1−1

 

TEL03-5206-8735

スポンサード リンク