介護福祉士など介護と福祉の資格

看護師の資格について

病院や診療所などの医療機関で、
医師の指示のもとに医療活動のサポートをするのが看護師です。

看護師の仕事

看護師は、カルテの整理や患者さんの検温、
入院患者さんの洗面や排泄、食事などの手助け、
手術室担当の場合は、手術の準備、執刀医に必要な器具を渡す、
患者さんの容態を見守るなど、医師の指示のもとに
医療活動のサポートをします。

 

また、福祉の分野で働く看護師は、
老人施設や障害者施設などの社会福祉施設で、
入所者の日常の健康管理のケアをしたり、
在宅で介護を必要とする人の訪問看護を行うなどします。

看護師の職場

看護師の職場は、病院や診療所、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、
訪問看護ステーションなどがあります。

 

看護師がいることが必要要件と成っている福祉施設はたくさんあります。

 

医療現場だけでなく、福祉や介護の現場でも、
看護師は重要な資格です。

 

診療所の常勤看護師の場合は、午前中、そして、夕方から19:30くらいまでの勤務になります。

 

病院の看護師は、病棟等に勤務すれば夜勤などがあり、交代制で働きます。

 

福祉の分野では、入所型の施設、在宅型の職場なのかなどによって、様々で、
夜勤があるところもあります。

 

国立病院の看護師は、国家公務員の給与表に準じて支給されます。

 

私立病院の看護師は、病院の規模や経営状態によって差があります。

 

夜勤などがある場合は、手当がプラスされます。

看護師の将来性

看護師のニーズは、少子高齢化、医療技術の進歩などの背景もあり、
軒並み伸び続けています。

 

しかし、中小病院や地方の病院では、
看護師が不足しているところが多く、
看護師の労働条件は過酷であるといわざるを得ないところが多いです。

 

看護師の活躍の場は、病院や診療所、福祉関係だけでなく、
民間の看護関連企業などもあります。

 

どの地域でも、時代を問わず看護師の仕事は需要がなくなることはありません。

 

看護師の資格を持っていると、海外の医療協力に参加できたり、
ケアマネージャーの資格を取得できるなどのメリットもあります。

 

また、結婚や出産などで退職した場合の再就職や、
転職などにも困る事はないでしょう。

看護師になるためには

看護師になるためには、患者さんや介護を必要とする人の症状を
正確に見極める観察力や、緊急時の適切な対応、
高度な医学知識や技術、冷静さや機敏さ等が求められますが、
最も基本となるのは、患者さんへのいたわりの気持や、思いやりの気持です。

 

患者さんは、常に不安を抱えていますから、
その患者さんとの間に信頼関係を築くことも大切です。

 

また、強い責任感と倫理観も求められるでしょう。

 

さて、看護師の資格を取得するためには、看護師国家試験を受験し、
合格し、厚生労働大臣の免許を受けることが必要です。

看護師の受験資格

看護師の受験資格は、大学や3年制短大の看護系学科、
或いは病院や大学の医学部に所属する3年制看護学校や専門学校などの
養成施設などを卒業する事によって得ることができます。

看護系大学の特徴

看護系大学では、看護師の受験資格のほか、
保健師や助産師の受験資格、養護教諭免許を得ることができるところもあります。

看護系短大の特徴

短大では、専攻課程として、保健師・助産師課程も設置されていて、
それらの資格を取得することもできます。

看護専門学校の特徴

看護専門学校は、全授業の3分の1が実習に当てられる実践的な養成施設です。

看護師の試験科目

看護師国家試験は、毎年2月下旬頃に、全国で行われています。

 

試験科目は、以下の通りです。

 

(1) 人体の構造と機能

 

(2) 疾病の成り立ちと回復の促進

 

(3) 社会保障制度と生活者の健康

 

(4) 基礎看護学

 

(5) 在宅看護論

 

(6) 成人看護学

 

(7) 老年看護学

 

(8) 小児看護学

 

(9) 母性看護学及び精神看護学

 

●看護師の試験データ(2010年)

 

受付期間: 11月下旬〜12月中旬

 

試験日: 2月下旬

 

試験会場: 北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄

 

受験料: 5400円

 

●看護師資格の問い合わせ先

 

厚生労働省医政局医事課試験免許室

 

〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関1−2−2

 

TEL 03-5253-1111

スポンサード リンク