介護福祉士など介護と福祉の資格

調理師の資格について

調理師は、都道府県知事の免許を受けた国家資格です。

 

調理師の資格がなくても、調理の仕事はできますが、
飲食業に携わる人の殆どが、この資格を持っています。

 

材料の選別や仕込み、味付け、調理などを、
一般の家庭では使わないような業務用の調理器具を使って行うこともあるため、
調理に関する幅広い知識、高い技術を必要とします。

調理師の仕事

調理師資格の取得は、調理の専門家となるための第一歩で、
学校給食、病院、福祉施設、ホテルのレストランまで、
飲食の場はたくさんあり、調理師はこのような職場で、
味覚や盛り付け、衛生、栄養に配慮しながら、
食事を提供していきます。

 

給食施設では、栄養士が献立を立て、
調理師が調理をします。

 

また、日々の衛生管理も、調理師の大切な仕事です。

調理師の職場

調理師は、飲食店、ホテル等の宿泊施設、
病院、学校、食事を提供する福祉施設などがあります。

 

調理師免許を取得している人の殆どが、
常勤で働いていmす。

 

食事を提供する福祉施設で働いている調理師で、
デイサービスなど昼間の一定時間のみのサービス施設では、
昼食作りとおやつ作りが基本です。

 

老人ホームなどの生活する施設では、
朝食、昼食、おやつ、夕食というように、
一日の食事を作ります。

 

調理師は昼間働くのが基本で、基本的に夜勤はありません。

 

 

調理師の初任給の目安は、施設やお店によって様々ですが、
たとえば病院などに勤務した場合で17〜20万円ほどです。

調理師の将来性

調理師試験は、毎年6万人くらいの人が受験しています。

 

あらゆる資格の中でも、調理師資格は最もポピュラーな資格といえます。

 

ですから、大きな武器になる資格ではありませんが、
飲食店、病院、学校、福祉施設、旅館、ホテルなど、
調理師の活躍の場は幅広く、それらの職場での調理師の求人は
少なくありません。

調理師になるためには

調理師として働くためには、中学・高校・大学を卒業し、
見習いとして修業する、
もしくは、調理師免許を取得してから就職する場合があります。

 

調理師の多くは、高校卒業後、
仕事に就いて、その後、免許をとっている人が多いですが、
見習いとしての修行経験や技術が、
調理師になるためには重要な要素となります。

 

調理師免許を取得するためには、
飲食店などで2年以上、見習いとして調理の実務経験を積み、
都道府県で行われている調理師試験を受験し、合格することが必要です。

 

また、調理士養成施設(学校)で、
1年以上必要な知識と技能を修得し、無試験で取得する方法もあります。

 

試験は、各都道府県の衛生主管課が実施しています。

調理師の試験内容

調理師になるための調理師資格の試験問題は全て択一式の筆記試験です。

 

試験科目は、衛生法規・食文化概論・栄養学・公衆衛生学・食品学・
食品衛生学・調理理論の7科目で、内容は都道府県ごとに異なります。

 

また、合格定員は決まっていないので、
一定以上の点数(目安は60点以上、全科目平均点を極端に下回らないこと)をとれば、
合格することができます。

調理師の試験データ(2010年)

受付期間: 願書の配布は試験日の4ヶ月ほど前からです。

 

試験日: 都道府県によって異なります。

 

試験地: 各都道府県。

 

合格発表: 試験日から約一ヵ月後。

 

受験料: 東京都で6300円。

 

調理師資格試験は、各都道府県によって異なる部分も多いため、
事前に試験担当に問い合わせをして詳細情報を入手しましょう。

 

社団法人調理技術技能センター 調理師試験担当

 

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2−8−5 JACCビル5F

 

TEL 03-3667-1815

 

各都道府県の調理師試験担当課及び各保健所で問い合わせができます。

スポンサード リンク