介護福祉士など介護と福祉の資格

児童指導員の資格について

児童指導員は、試験を受けて取得する資格ではありません。

 

学校で決められた科目を修得し、
卒業後にその資格に関係する職務に就業したときに申請すれば
得ることができる「任用資格」です。

 

児童指導員は、0歳〜18歳までの児童福祉施設で生活する子ども達を、
保護者に代わって育成し、指導するという役割を担っています。

児童指導員の仕事

児童指導員は、子ども達と一緒に生活をしながら、
子どもの心の安定を考え、基本的な生活習慣を身につけさせ、
子どもが社会生活に適応するための様々な事柄について指導していきます。

 

一般的に、子どもを対象に、洗面や食事、衣服の着脱、排泄など
生活習慣を身につけさせるためのしつけ、
スポーツ等のグループ活動を通して社会のルールやマナー等を
学ばせます。

 

そして、このような仕事をするための指導や育成計画を立てたり、
保護者や学校、児童相談所などとの連携も大切な仕事の一つになります。

 

また、学習レベルが年齢よりも遅れている子どもに対しては、
学習の指導も行います。

 

子ども一人ひとりの性格や特徴を観察し、
励ましながら学習意欲を高め、
進学や就職などの進路指導も児童指導員が行います。

 

さらに、知的障害者や肢体不自由所が入所している施設の児童指導員は、
その施設に入所している子ども達に対する必要な専門知識や技術を必要とします。

児童指導員の職場

児童指導員の職場には、児童養護施設、重症心身障害児施設、
その他障害児施設、母子生活支援施設などがあります。

 

児童指導員の勤務形態は、入所施設では、
殆どが3〜5交替の勤務体制になっていて、
夜勤がある場合が殆どです。

 

 

公立の施設に勤務する場合は、
地方公務員のため、各自治体の給与規定に基づいた初任給が支払われます。

 

私立の場合は、基本と成っているのは国家公務員の一般職の給与ですが、
各施設によって、或いは経験や経験年数によって差があります。

児童指導員の将来性

児童指導員が働く施設は、保育所などに比べると数がとても少ないです

 

ですから、児童指導員として働きたいと思っても、
採用される職場があるかどうか分かりません。

 

全体的に、女性よりも男性のほうが数が多く、
児童養護施設などで保育士と一括で募集されることがあります。

児童指導員になるためには

児童指導員になる人は、一般的に4年制の福祉系大学を卒業する、
もしくは大学で心理学、教育学、社会学を専攻し、
児童指導員任用資格を取得することが多いです。

 

児童指導員任用資格を取得するためには、
下記のいずれかの項目に該当することが必要です。

 

(1) 厚生労働大臣の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校、    
   もしくはその他の養成施設を卒業した者。

 

(2) 大学で、心理学・教育学または社会学を修めて卒業した者。

 

(3) 小・中学校または高等学校の教諭の資格を持つ者であり、
   厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者。

 

(4) 高等学校を卒業した者で、2年以上児童福祉事業に従事した者。

 

(5) 3年以上児童福祉事業に従事した者で、
   厚生労働大臣または都道府県知事が適当と認定した者。

 

資格取得後に就職するためには、公立の施設に勤務する場合、
都道府県や市町村が行う地方公務員試験に合格することが必要です。

 

私立の施設に就職する場合は、各施設ごとに行われる
採用試験に合格することが必要です。

児童指導員の採用試験

児童指導員の採用試験は、各自治体・民間団体によって様々です。

 

たとえば、公務員として必要な一般的な知識、
及び知能についての択一式などによる筆記試験(一般教養試験)のほか、、
専門試験(専門的知識や技能、能力などについての記述試験による筆記考査、
通告義務についてや児童養護施設で有効な心理療法についてなどが問われる)、
口述試験、職員としての職務遂行上必要な素質や性格についてを問う適性検査などが
実施されていますし、面接試験が行われるところもあります。

スポンサード リンク