介護福祉士など介護と福祉の資格

福祉レクリエーションワーカーの資格について

福祉レクリエーションワーカーは、
心身に障害のある人や高齢者が、
福祉施設でのレクリエーションの時間を
楽しく過ごすことができるように企画します。

 

また、企画や準備、運営だけでなく、
地域社会と福祉活動の連携がとれるイベントを企画したり、
運営したり、ボランティアスタッフの養成や
コーディネートを担当するのも福祉レクリエーションワーカーの仕事です。

 

高齢化社会が進み、老人福祉施設が増えている現在、
レクリエーションを充実する事は、とても大切なことです。

 

また、介護福祉士を目指す学生への、
レクリエーション支援援助法の支援も任されることもあります。

 

ただし、この資格だけで、就職ができるものではありません。

 

しかし、福祉レクリエーションワーカーの活躍には、
大きな期待が寄せられています。

福祉レクリエーションワーカーの仕事

福祉レクリエーションワーカーは、
心身に障害のある人や高齢者が、
福祉施設でのレクリエーションを通じて、
喜びや生きがいを見出すことができるようにお手伝いをしたり、
健康的な生活のための手助けをします。

 

一人暮らしの老人宅を訪問したり、盆踊りやバザー等のイベントを企画、
まちづくりや障害者施設を建設する際の
バリアフリーの環境づくりのアドバイスをすることもあり、
福祉レクリエーションワーカーの活躍の場は、施設内だけに留まりません。

福祉レクリエーションワーカーの職場

福祉レクリエーションワーカーは、
福祉施設や介護サービスなどの社会福祉関係で広く活用することができる資格です。

 

ですから、福祉領域全般でのニーズがありますが、
老人福祉施設(介護老人福祉施設・介護老人保健施設・
老人デイサービスセンター)を職場としている人が最も多いです。

 

他にも、医療施設やボランティア団体で活躍している人もいます。

 

 

福祉レクリエーションワーカーは、介護福祉士や保育士などの
他の資格を既に持っている人が、補佐的に持つことが多いです。

福祉レクリエーションワーカーの将来性

福祉レクリエーションワーカーは、福祉の現場全般で活躍しています。

 

ですが、この資格だけでは、就職できる現状ではありません。

 

あくまでも、補佐的な資格として考えましょう。

 

福祉関係の仕事に就いてから取得する人も多いです。

福祉レクリエーションワーカーになるためには

福祉レクリエーションワーカーは、地域社会との架け橋的な役割も担い、
幅広く活躍します。

 

そのため、福祉レクリエーションワーカーは、
福祉の仕事の中でも、特にコミュニケーションがうまくでき、
人を楽しませることが大好きなボランティア精神に富んだ人に向いています。

 

さて、福祉レクリエーションワーカーになるためには、
一般的に、日本レクリエーション協会が主催する講習会や、
日本レクリエーション協会が認めた養成講習会を受講することが必要です。

 

或いは、日本レクリエーション協会の認可を受けた大学や短期大学、
福祉系専門学校を卒業する、
もしくはレクリエーション・インストラクターや、
レクリエーション・コーディネーター等の資格を取得した人も、
受験資格が与えられます。

 

このような受験資格を満たした上で、審査を受け、
合格すれば、資格が与えられます。

福祉レクリエーションワーカーの受験資格

・満18歳以上

 

・レクリエーションインストラクター養成講座などで、
レクリエーション・インストラクター資格取得のための講座
50時間を修了している者。

 

・レクリエーション・インストラクターの資格を持っている者。

 

・レクリエーション・コーディネーター、
グループレクリエーション・ワーカーの資格を持っている者。

福祉レクリエーションワーカーになるための通信講座

福祉レクリエーションワーカーになるための、
日本レクリエーション協会が実施する指定の通信講座があります。

 

福祉レクリエーションワーカーになるための通信講座では、
社会福祉、隣接領域に関する基礎的知識や援助技術、
福祉レクリエーションに関する専門的知識、援助技術を学びます。

 

所定のテキストに沿って課題を行い、レポート等を提出し、
不合格の場合は再提出し、課題をクリアしていきます。

 

そして、全課程を修了すれば、
資格認定試験の受験資格を得ることができます。

福祉レクリエーションワーカーの試験内容

介護福祉士や社会福祉士、保育士、保健師、看護師の資格を持っている人は、
レポート課題が一部免除されます。

 

試験は筆記試験、実技試験がありますが、
講座受講期間に出題された課題をこなしていれば、
問題なくクリアできるレベルです。

 

この試験は、講座の卒業試験のような感じになり、
合格すれば、福祉レクリエーションワーカーになることができます。

福祉レクリエーションワーカーの試験データ(2010年)

前期受付: 4月上旬〜5月下旬

 

受講開始: 6月上旬

 

後期受付: 10月上旬〜11月下旬

 

受講開始: 12月上旬

 

受講料: 70000円(一部資格保有者には割引制度があります)

 

スクーリング参加費: 18000円×2回分

 

資格認定審査: 受験料5000円、公認料10000円

 

登録料: 16000円(2年ごと)

 

財団法人日本レクリエーション協会

 

〒101-0061 東京都千代田区三崎町2−20−7 水道橋西口会館6F

 

TEL 03-3265-1241

スポンサード リンク