介護福祉士など介護と福祉の資格

福祉住環境コーディネータの資格について

高齢者や障害者にとって、住みやすく快適な住環境を一緒に考え、
提案するアドバイザーを、「福祉住環境コーディネーター」といいます。

 

そして、福祉住環境コーディネーターは、
暮らしと医療、福祉などの分野に関する知識を仕事に生かしていきます。

福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターは、
医療や介護、福祉や建築などの専門職の人々と連携をとりながら、
その家や施設で暮らす人、それぞれに合った住宅改修プランを提示したり、
福祉用具や福祉行政施策・制度情報などについてのアドバイスをしたりします。

 

福祉住環境コーディネーターは、主に、介護保険制度の下で、
住宅改修に関わるプランを作成しますが、
この場合も、ケアマネージャーとの連携をとりながら、
改修プランを決めていきます。

 

また、高齢者や障害者、その家族に、
福祉・保険サービスなどの情報を提供したり、
福祉用具や介護用品から家具を選んだりもします。

 

そして、それらの使用法のアドバイス、
バリアフリー住宅の新築、建て替え、
暮らしにまつわる総合的なアドバイスを行うなどもします。

福祉住環境コーディネーターの職場

福祉住環境コーディネーターは、建築・リフォーム・住宅・
福祉用具メーカーなどの民間企業、
特別養護老人ホームや各種施設、病院、
デパートやホテル、行政機関まで、様々な職場で活躍しています。

 

福祉施設では、社会福祉士が、ステップアップのために
福祉住環境コーディネーターの資格を取るケースも少なくありません。

 

福祉住環境コーディネーターは、高齢者の住宅改修に役立たせるために、
企業が社員に資格取得をさせるケースが多いです。

 

また、福祉住環境コーディネーターは、就職や転職の際にも有利になる資格です。

 

福祉住環境コーディネーターの初任給は、
就職した先によって異なりますが、
大学卒の人で19万円ほどというところが多いようです。

福祉住環境コーディネーターの将来性

福祉住環境コーディネーターの資格を取得するために得た知識は、
建設、医療、福祉関連業界だけでなく、
他の分野でも十分に活かすことができるため、
就職や転職にとても有利です。

 

また、高齢者や障害者のニーズに合った総合的な提案をすることができる
福祉住環境コーディネーターは、
今後ますます必要とされ、認知度も高まっていくと思われます。

 

たとえば、手すりが必要な場合、
住宅改修に介護保険の適用を受けることができますが、
その際に必要となる「理由書」は、原則的にケアマネージャーが作成します。

 

ですが、これは、作業療法士や福祉住環境コーディネーター(1級・2級)にも
認められていますから、仕事の幅は、今後広がっていくでしょう。

 

また、活躍の場は、家の中だけでなく、街の中へと広がっています。

 

たとえば、公共のスロープや駅のエレベーターの取り付け、
障害者施設の建設に携わるケースなども増えていて、
高齢者社会が進む中、活躍の場はますます増えています。

福祉住環境コーディネーターになるためには

福祉住環境コーディネーターになるためには、
東京商工会議所が主催する「福祉住環境コーディネーター検定試験1〜3級」を受験し、
合格する事です。

 

試験は、各地方の商工会議所の市営の場所で実施されます。

 

福祉住環境コーディネーター資格は、建設会社や他の分野の企業に勤める人、
福祉系大学や専門学校生、福祉や介護の現場スタッフなどが、
スキルアップを目的に取得しています。

 

また、主婦やボランティア等の関心も高く、
多くの人が挑戦している資格の一つでもあります。

福祉住環境コーディネーターの受験資格

福祉住環境コーディネーターは、学歴や年齢、性別、国籍に制限なく受験できます。

 

2級から受験したり、3級と2級を同日に受験することも可能です。

福祉住環境コーディネーターの試験内容

福祉住環境コーディネーターの2級と3級は、検定試験1回で、
1級は、一時試験に合格した人だけが、2次試験に挑みます。

 

検定に合格すると、合格証が発行されます。

 

・福祉住環境コーディネーター3級の試験内容

 

(1) 少子高齢社会と共生社会への道

 

(2) 福祉住環境整備の重要性・必要性

 

(3) 在宅生活の維持とケアサービス

 

(4) 健康と自立

 

(5) 障害者が生活の不自由を克服する道

 

(6) バリアフリーとユニバーサルデザインを考える

 

(7) 生活を支える様々な用具

 

(8) 安全・快適な住まいの整備

 

(9) ライフスタイルの多様化と住まい

 

(10) 安心できる住生活支援

 

(11) 安心して暮らせるまちづくり

 

・福祉住環境コーディネーター2級の試験内容

 

(1) 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境

 

(2) 福祉住環境コーディネーターの役割と機能

 

(3) 障害のとらえ方

 

(4) リハビリテーションと自立支援

 

(5) 高齢者・障害者の心身の特性

 

(6) 在宅介護での自立支援のあり方

 

(7) 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備

 

(8) 障害別にみた福祉住環境整備

 

(9) 福祉住環境整備とケアマネジメント

 

(10) 福祉住環境整備の進め方

 

(11) 福祉住環境整備関連職への理解と連携

 

(12) 相談援助の実践的な進め方

 

(13) 生活行為別福祉住環境整備の手法

 

(14) 建築図面の読み方と建築関連法規の基礎

 

(15) 福祉用具の意味と適正

 

(16) 生活行為別にみた福祉用具の活用

福祉住環境コーディネーターの試験データ(2010年)

受付: 前期は4月下旬〜5月下旬(2・3級)
    後期は9月中旬〜10月中旬(1・2・3級)

 

試験日: 前期は7月ごろ(2・3級)
     後期は11月ごろ(1・2・3級)

 

受験地: 全国の商工会議所

 

受験料: 1級は10500円、2級は6300円、3級は4200円

 

3級の試験内容:  マークシート方式。
          100点満点で70点以上の得点で合格。
          福祉と住環境との連携・福祉住環境の整備に必要な
         理論と実践などが問われる試験内容となっています。

 

2級の試験内容:  マークシート方式。
          100点満点で70点以上の得点で合格。
          障害者の障害特性や住生活関連諸施策などが問われる試験内容となっています。

 

1級の試験内容:  一次試験 マークシート方式。
               100点満点で70点以上の得点で合格。
               福祉コミュニティやまちづくりに関する提案を行う
              高度な知識、技術が問われる試験内容となっています。

 

          二次試験 論述及び記述指揮試験。
               それぞれの得点が50%以上で、かつ合計が70%以上で合格になります。

 

東京商工会議所 検定センター

 

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3−2−2

 

TEL 03-3989-0777

 

URL http://www.kentei.org/fukushi/

スポンサード リンク