介護福祉士など介護と福祉の資格

音楽療法士の資格について

音楽療法士の資格は、医師や音楽関係者が設立した任意団体
「日本音楽療法学会」が認定する民間資格です。

 

音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、
心身の障害の回復や、身体機能の維持、身体機能の改善、
生活の質の向上、行動の変容などを目指すのが「音楽療法」です。

 

音楽療法は、音楽を聴かせたり、
一緒に歌ったり、演奏をするなどして、
自閉症などの障害や、精神的なダメージを負った人、
認知症のお年寄りの心身をリラックスさせる効果があります。

 

このような音楽療法を行うのが「音楽療法士」で、
働く職場によって、医師や言語聴覚士、作業療法士などの
他の医療職スタッフとの連携を必要とします。

音楽療法士の仕事

音楽療法士は、音楽療法に関する臨床経験を身につけ、
その経験を元に、自閉症等の障害、精神的なダメージを負った人、
認知症の高齢者などの心のケアを行い、
人の心を癒すという役割を担います。

 

音楽療法には、受動的音楽療法と能動的音楽療法があります。

 

・受動的音楽療法

 

音楽を聴かせて気持ちをリラックスさせる療法。

 

・能動的音楽療法

 

一緒に歌ったり、楽器を演奏するなどして、
気分転換やストレスの発散を図る療法。

音楽療法士の職場

音楽療法士は、病院や学校などの教育分野、
介護老人福祉施設や老人デイサービスセンターなどの福祉施設、
民間のセラピールームなどで活躍しています。

 

音楽療法は、心理療法としてのニーズは高まりつつありますが、
音楽療法士が常勤として勤務しているケースは少ないです。

 

福祉施設でのセッションは、一回あたり1500〜10000円ほどと幅広い現状です。

 

民間のセラピールームで常勤する場合も、
そのセラピールームの経営状態や規模によって、
給料は様々です。

音楽療法士の将来性

音楽療法士は、まだそれほど高い認知度を得ていない職業です。

 

しかし、欧米では、音楽療法が普及していますし、
医療だけでなく、福祉の分野でも音楽療法の効果は
徐々に認められつつあります。

 

医学や従来の心理療法でのアプローチで、
なかなか心の改善が見られなかった人が、
音楽療法によって心を開くことができたり、
症状が改善したという臨床例も、多く報告されています。

 

現在の日本の医療保険では、音楽療法が適用になっていないため、
医療分野での普及は進んでいません。

 

ですが、作業療法士などの資格と併せ持つ形で、
病院に勤務している人もいます。

 

音楽療法士の資格だけで、生計を立てるのはまだ難しい現状があり、
福祉系の職場でこの資格を活かすためには、
介護福祉士や作業療法士など、他の福祉系の仕事にプラスする形で、
資格を取得すると良いのではないでしょうか。

音楽療法士になるためには

音楽療法士は、人の心を音楽で癒すという役割があります。

 

音楽を聴かせたり、共に歌ったり演奏したりしますから、
音楽療法に関する知識が必要ですが、それだけでなく、
個々の状態にあった療法を的確に判断する力や洞察力なども必要です。

 

音楽療法士を目指すのであれば、
ピアノやギターなど、何らかの楽器が弾ける、
即効で演奏できるセンスなども求められるでしょう。

音楽療法士の認定資格

音楽療法士の認定資格は、以下のようになっています。

 

・日本音楽療法学会の正会員であること。

 

・音楽系の4年制大学または専門学校で専門課程を修了していること。

 

・臨床経験が3年以上あること。

 

*音楽療法士学会では、資格更新システム(5年ごと)があります。

音楽療法士の書類審査の内容

(1) 大学などで履修する音楽療法の知識

 

(2) 講習会や学会への参加

 

(3) 事例研究レポートの提出(臨床経験)

 

(4) 研究発表

 

(5) 論文・著書

 

(6) 教育指導経験

 

(7) その他

 

 

日本音楽療法学会

 

〒105-0013 東京都港区浜松町1-20-8 浜松町一丁目ビル6F

 

TEL 03-5777-6220

 

URL http://www.jmta.jp/

スポンサード リンク