介護福祉士など介護と福祉の資格

精神保健福祉士の資格について

精神保健福祉士は、
精神障害者の保健や福祉についての専門知識・技術に基づいて、
精神障害者の社会復帰についての相談援助を行う専門職です。

 

精神保健福祉士は、かつては「ソーシャルワーカー(PSW)」
と呼ばれ、相談業務を行ってきました。

 

しかし、1998年4月からは、国家資格として、
「精神保健福祉士」の制度がスタートしています。

 

精神保健福祉士は、相手とのコミュニケーションを通して、
その人の問題解決のための援助や支援を行うことを仕事としており、
医師や看護スタッフ、リハビリスタッフ、作業療法士などの
現場の他職種との連携も大切にします。

 

また、精神保健福祉士は、利用者のごくプライベートな相談事にも乗ります。

 

高い人権意識が求められるでしょう。

精神保健福祉士の仕事

医療機関に勤務する精神保健福祉士は、
相談室などでの相談活動が中心業務です。

 

相談内容は、受診や入院に関すること、
療養中の経済的な問題や心配事、社会復帰に関することまで、
様々です。

 

デイケアなどで勤務する精神保健福祉士は、
グループワーカーとして利用者と共に活動します。

 

グループホームや各施設などに勤務する精神保健福祉士は、
利用者や入居者の主体性を尊重し、
生活全般にわたっての支援をします。

精神保健福祉士の職場

精神保健福祉士の職場は、大きく分けると、
医療分野と社会福祉分野の2つに分けられます。

 

医療分野: 精神病院・その他の医療機関・保健所など

 

社会福祉分野: 障害者更生施設・精神障害者生活訓練施設・
       障害者授産施設・福祉ホーム・地域活動支援センターなど

 

精神保健福祉士の雇用形態は、
常勤職員が多いですが、職場によっては、
非常勤職員の場合もあります。

 

病院などに就職した場合の精神保健福祉士の初任給は、
16万円〜20万円くらいです。

 

夜勤や宿直等がある場合は、手当がプラスされます。

精神保健福祉士の将来性

現代は、高ストレス社会ともいわれています。

 

人々の精神保健保持を手助けするために、
医療や保健、福祉の領域での精神保健福祉士の役割は、
今後、ますます期待されていくことでしょう。

 

精神保健福祉士は、精神に障害を持つ人やその家族の
生活上の悩みの相談にのり、社会復帰に関する助言、
指導を行います。

 

また、日常生活に適応するために必要な訓練を行ったり、
医療機関との連絡調整、各種給付金制度の案内など、
精神保健福祉士の仕事の領域は、ますます広がっています。

 

このようなことから、精神保健福祉士の重要性や価値は、
福祉の分野においてだけでも高いといえます。

精神保健福祉士になるためには

精神保健福祉士になるためには、
精神保健福祉士の国家試験を受験し、合格することが必要です。

 

精神保健福祉士の国家試験を受験するためには、
保健福祉系大学で指定科目を履修して卒業する、
或いは最終学歴に応じて所定の実務経験、
指定の養成施設で学ぶことが必要です。

 

一般の大学を卒業した人は、一年以上、
専門学校(精神保健福祉士養成施設)で学ぶ事によって、
精神保健福祉士の国家試験の受験資格が得られます。

 

また、通信教育課程を開設する学校も増えています。

精神保健福祉士の受験資格

(1) 保健福祉系大学などで指定科目を修了し、卒業した者。

 

(2) 保健福祉系短大で、指定科目を修了し、卒業後に実務経験を積んだ者。
    (3年制短期大学は実務一年、2年制短期大学は実務経験1年が必要)

 

(3) 福祉系大学で基礎科目を修了し卒業した者・
   福祉系短大で基礎科目を修了し、卒業後に一定の実務経験を積んだ者・
   社会福祉士の資格保持者のいずれかに該当し、
   6ヶ月間の短期養成施設を修了した者。

 

(4) 一般大学卒業者・一般短期大学卒業後に、一定の実務経験を積んだ者・
   4年間の相談援助実務経験がある者のいずれかに該当し、
   一年間の一般養成施設を修了した者。

精神保健福祉士の試験内容

精神保健福祉士の試験科目は、以下のようになっています。

 

(1) 精神医学

 

(2) 精神保健学

 

(3) 精神科リハビリテーション学

 

(4) 精神保健福祉論

 

(5) 精神保健不k樹脂援助技術

 

(6) 社会福祉原論

 

(7) 社会保障論

 

(8) 公的扶助論

 

(9) 地域福祉論

 

(10) 心理学

 

(11) 社会学

 

(12) 法学

 

(13) 医学一般

 

* 社会福祉士の資格を持っている場合は、
 申請することによって、試験科目のうち(6)〜(13)が免除されます。

精神保健福祉士の試験データ(2010年)

受付期間: 9月上旬から10月上旬

 

試験日: 1月下旬

 

試験地: 北海道・宮城県・東京都・愛知県・大阪府・広島県・福岡県

 

受験手数料: 11500円

 

* 社会福祉士の資格を持っている人は、試験科目の一部が免除されます。

 

財団法人社会福祉振興・詩権センター

 

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6

 

TEL 03-3486-7521

 

試験案内専用電話番号 03-3486-7559

スポンサード リンク