介護福祉士など介護と福祉の資格

社会福祉士

社会福祉士は、名称独占資格です。

 

ですから、社会福祉士の資格を持っていない人は、
「社会福祉士」を名乗ることができません。

 

ですが、資格を持っていなくても、
社会福祉士の仕事に就く事は可能です。

社会福祉士の仕事

社会福祉士は、福祉に関する問題や悩みを抱える高齢者や障害者、
子ども、患者さんなどの相談役として活動します。

 

また、経済的に困っている人からの相談を受けたり、
地域の福祉を活性化させるなどの役割も担います。

 

たとえば、児童相談所や児童家庭支援センターに勤務する社会福祉士は、
福祉の対象になる生活に困った子どもを持つ親から寄せられる
色々な問題に対して、事情に見合った施設を紹介したり、
入所した後は、就職活動の支援をしたり、育児指導をしたりします。

 

施設勤務では、対象となる人と一緒に生活をします。

 

そして、心理カウンセラーと連携をとりながら、
心のケアにたずさわったり、
施設に入所している人が病院などに行く場合は、
付き添いをしたりします。

 

さらに、高齢者やその家族が、介護保険制度の色々なサービスを選択する際、
その専門家としてアドバイスをしたり、
コミュニティワーカーとして福祉教育を推進するというような
地域福祉の面でも活躍します。

 

社会福祉士は、一般的に、社会的弱者と関わる仕事を担い、
福祉全体に関わっていきます。

 

そして、福祉の専門家として、かつリーダー的な役割を担いますが、
その仕事内容の範囲はとても広いため、
「社会福祉士」ではなく、「ソーシャルワーカー」と呼ばれたり、
「相談員」、「児童指導員」などと呼ばれることも多いです。

社会福祉士の

社会福祉士は、以下のような職場で働いています。

 

・公的機関の相談窓口
・福祉施設
・社会福祉協議会
・医療機関
・NPO
・独立事務所

 

社会福祉士の雇用形態には、公務員、民間施設があります。

社会福祉士の初任給

・公務員

 

公務員として働く場合、初任給は大学卒で、17〜20万円、
短大・専門学校卒で15〜17万円、
他の資格を持っている場合は+1万円ほどです。

 

さらに、夜勤や宿直などの勤務には手当がつき、
退職金は、国が補償する「社会福祉施設職員退職手当」という制度、
社会福祉協議会の退職金共済制度、
各社会福祉法人が独自に設けている制度などがあります。

 

・民間施設

 

民間施設で働く場合は、地域や施設によってかなり差がありますが、
初任給は15〜18万円くらいです。

 

主任相談員や施設長として就職したり、
経験や知識によって、プラスがあることもあります。

 

金額はそれぞれの施設によって異なりますが、夜勤や宿直の手当もつきますし、
制度に関しても、公務員と同程度の保証が得られます。

社会福祉士の将来性

社会福祉士の求人は、介護福祉士や保育士の求人と比べると少ないです。

 

このため、現時点では、就職先を見つけるのが難しい現状がありますが、
今後、高齢化社会が進み、介護の問題が多くなると考えられること、
近年増加しつつある青少年の心の問題への対処などを考えると、
福祉職のリーダーともいえる社会福祉士のニーズは増えていくと考えられます。

社会福祉士になるためには

社会福祉士になるためには、国家試験を受けて、
その試験に合格しなければなりません。

社会福祉士の受験資格

(1) 福祉系大学で指定科目を履修した卒業者であること。

 

(2) 3年制の福祉系短大・専門学校で指定科目を履修した卒業者で、
   相談援助の実務を1年以上経験した者であること。

 

(3) 2年制の福祉系短大・専門学校で指定科目を履修した卒業者で、
   相談援助の実務を2年以上経験した者であること。

 

(4) 学校での勉強や福祉の仕事を経て、
   社会福祉士の養成施設を卒業(修了)した者であること。

 

(5) 特定の福祉職で、5年以上の実務経験を積んだ者であること。

社会福祉士の試験内容

社会福祉士の資格試験では、
社会福祉士に必要な知識と技術があるかどうかが試験されます。

 

試験方法は、マークシート方式で、13科目、150題が出題され、
合格基準は総得点の60%以上で、どの科目にも0点がないこととなっています。

社会福祉士の資格取得ルート

社会福祉士を目指す場合のルートは、様々なルートがありますが、
最短ルートは、4年制の福祉系大学に進学し、国家試験を受験し、
合格することです。

 

ただし、福祉系の大学の全てが、社会福祉士になるための科目を
網羅しているわけではありません。

 

社会福祉士の実務経験とは、福祉事務所や児童相談所、
障害者更生相談所などで、福祉司や査察指導員としての経験を指しています。

社会福祉士の試験データ(2010年)

受験申し込み期間: 9月上旬〜10月上旬

 

試験日: 1月下旬の日曜日

 

合格発表: 3月

 

試験会場: 全国各地

 

受験料: 9600円

 

財団法人社会福祉振興・試験センター

 

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1−5−6 SEMPOSビル

 

TEL 03-3486-7559

スポンサード リンク